2009年02月11日

大型二輪教習 12限目

本日は最終時限、卒業検定が受けられるかの「見きわめ」。

ちょと事前に凹む出来事があって気分的にはイマイチの状態で最終時限開始。見きわめは2コースある検定コースを乗降も含めて交互に完全に回り続ける事で行う。コースは両方とも頭の中に入っているはずなのだが、ぐるぐる何回も回っている内に一体自分がいまどちらのコースのどの部分を走っているのか判らなくなりそうになる。混乱してウィンカーを出すのが遅れてしまったら、ちょうどその時教官が後ろで見ていて「もっと早く合図出しましょう」と怒られた(笑)。
技能部分では坂道発進と急制動はまず問題ないと思うが、他の箇所はちょっと怪しい。一本橋で落ちるとか、クランクやスラロームでコーンに触れたら即検定終了である。さすがに見きわめ教習の今はそういう事はないが、検定で緊張している状態を想像すると全く通過できる自信が無いのが我ながら情けない。波状路もコースオフはしないものの、相変わらず自分でバランスが後ろ寄りなのが判る始末。

教習終了後の教官の講評は「検定がんばってください。早めに着いて心に余裕を持てば大丈夫だと思いますよー」。
見きわめ通っちゃったか… 自主練でもう1時間やろうかと思ったが、検定の雰囲気を体験しておくのも良いかと思い受付で検定の予約をする。え? 検定料金って1回が技能教習3回分の料金なの!? (この教習所は時間毎に代金を払う。最初のパンフに総計と何が幾らかは書いてあったのだが、後で表を貰えるだろうと捨ててしまったらそのような表は貰えなかった)
うーん、自主練した方が良かったかな… 取りあえず卒検体験するか。(←受かる気持ち全く無し)
posted by kaishi at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2009年02月07日

大型二輪教習 10,11限目

本日は昼間にVW EOSのオフ会に参加した後にそのまま教習所へ。
卒業シーズンのせいか1月下旬から教習生がどっと増えたようで、予約も少し取りづらいし、ロビー/受付で待っている人数もかなり増えた。受付を眺めていると持っている教習原簿の色からその人が何を受けているのか判るのだが、自動車では今や女の子はほぼ100%がAT免許の教習、男の子でも30%ぐらいはAT免許だ。それでもまだ男の子の半数以上はMT免許を取っている、と考えるべきか。

10限目はシミュレーター教習。自分も含めて3名が同時に受講。最初の半分ぐらいは座学で技能のコースや検定のポイントの説明、質疑応答など。「苦手なところ、不安なところはありますか?」と聞かれたので「波状路が全然ダメ」と答えたらシミュレーターの筐体を使って姿勢やコツを教えてくれた。他の教習生も同様に講習した後に、いよいよシミュレーターを稼働。対向車線のタクシーが客乗せで急に停車して、その後ろにいたトラックがこちらの車線にいきなりはみ出してくるとか、路地から自転車がいきなり飛び出して横切ろうとするとか、避けられそうにないシチュエーションが盛り沢山。最初の人が4回衝突、2番目の自分は2回、最後の人は0回と、他人のを見て学習するせいか後の人ほど衝突回数が減った(笑)。(もちろんコースやシチュエーションはその度に全然変わる)
それでも教官の話では大型二輪の人は衝突する回数が全然低いそうだ。普通二輪の教習生はほとんど全部のポイントで面白いように衝突するらしい。

11限目は総合練習。検定コースの第2コースを最初と最後の乗り降りまで含めて通して行う。実は同じような練習を第1コースを元に行うことを6限目にやっていた。ただしその時点では急制動や波状路を練習していなかったのでその部分は飛ばす形だった。今回は全ての項目の練習が済んでいるので完全にコース図通りに巡る。さすがにあの時よりは時間があってコースも覚えていたので、迷うようなことはなかった。しかしやっぱり波状路はダメだし、T字路の左折などで外にふくらみ過ぎると指摘される。普通二輪の教習車などでコースは結構混雑しており、4,5周したところでこの時間は終了。

次の12限はもう最終時限で卒検を受けられるかどうかの見きわめだ。見きわめで落ちてやり直しになるのか、それとも卒検で落ちてやり直しになるのか、どちらにせよストレートで受かる気がこれっぽっちもしない(笑)。
posted by kaishi at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2009年02月01日

大型二輪教習 9限目

今週は土曜日が雨でキャンセルしたこともあり、日曜日に1限のみ教習を受講。

本日は試験項目の最後の波状路の練習。これが今までで一番ひどい結果に。波状路はスタンディングで路面の衝撃を吸収しながらアクセルとクラッチワークで山を一つづ越えていくのだが、ここで昔の癖が出てしまう事に。 スタンディングのバランスは車体の重心に併せるという事でタンクの上に体を持ってくるようにする。自分は以前はずっとオフロードバイクで林道を走っていたのだが、未舗装路では滑りやすい駆動輪の後輪にトラクションをかけるために基本的には後ろに重心を持ってくるようにして走ることが多い(上り坂などは別)。そのために平地でスタンディングポジションを取ると、どうしても後ろ寄りに重心をかけてしまう。 教官から「重心が全然だめ」と言われてそれを直そうとすると意識がそちらにいってしまい、アクセルクラッチワークがおろそかに… ということで結局時間最後まで癖を直せずに終了。

これはこの時限はやり直しかと思ったのだが、一応次に進んで次回はシミュレーターをやることになった。でもシミュレーターの後は技能2時限で見きわめ、そして卒検である。 これはほぼ延長確定、というか今まで良くやり直しが無かったものだ…
posted by kaishi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年01月25日

大型二輪教習 8限目

本日は1時間のみで第二段階の3時間目。昨日と違い明るい昼間はやはりやりやすい。

今日は回避とのことだったがまずは急制動の復習。急制動の練習を繰り返すにはコースを1周して一本橋かスラロームを抜ける必要がある。が、相変わらずスラロームはリズムに乗れるときと駄目なときが6:4ぐらい。一本橋も時々バランスがおぼつかなくなるので要注意だ。気を抜いているつもりはないのだが… 15分ほど経ったところで回避の練習。やり方は急制動と同じく40km/hでパイロンを通過し、その後ブレーキはかけずに左右どちらかの指示された方向へ進路を切り替える。どちらへ回避するかはパイロン通過と同時に指示されるのでそこから進路切替までにどれだけ距離がかかるかを体験する、というのが主旨らしい。 これを4回ほどやった所で残りはまた急制動を練習するように指示が出た。回避は卒検項目じゃないから体験すればOKなのね…

これで本日の教習は終了。卒検の技能項目で練習していないのは波状路のみとなった。教習時間はあと4時間だがシミュレータ実習が1時間あるので実車に乗るのは実質3時間。最後1時間は第二段階のみきわめで、それに通ればもう卒検である。 もうちょっと練習がしたい(足りない)ような…
posted by kaishi at 22:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記

2009年01月24日

大型二輪教習 6,7限目

結局昼間のキャンセルが出なかったので夜間に二時限連続での教習。でもハクキンカイロをハクキンベルトで体に巻き付けているとあまり寒さを感じずにバイクに乗れる。これは冬のバイク乗りには必須ではないかと。

6限目は第二段階の初めての教習。前回の最後にコース図を貰い、それを覚えてくるように言われていたので、コース上にぐるぐる書いてある矢印をコマ図にして覚えておいた。 で、今回はそのコース図通り走る練習。コース上には一本橋やスラロームもあるが具体的技能を見るのではなくコース全体で法規遵守走行をできるか、というのがこの時限の課題。30m前にウィンカー、左寄り走行、右折前の中央寄せ時の後方確認などという奴だ。コースは一応覚えたはずなのだが、走り出すと「あれ?次右折だっけ?」と判らなくなりかける事がしばしば。で、曲がる方向が判ってなければ準備ができるはずもなく最初の2周ぐらいはボロボロ。後半になってようやく課題をこなせるようになってきた。走っている途中でブレーキング時にフロントブレーキのかけ方が甘い事を指摘されたのでそれも直しながらさらに2周ほどした所で終了。うーん、あんまり上手くできた気がしない…

7限目(第二段階2限)は急制動。40km/hまで加速してフルブレーキで規定内で安全に停止できればOK。エンストはしても構わない(減点は0)。で、なぜかこれは自分でも驚いたぐらい上手くいった。3回目ぐらいからはエンストもせずに安定して止まれるようになり、教官からも「いやあ、安定した急制動で安心して見てられますね」と珍しくお褒めの言葉を頂いた。

次回(明日)は緊急回避の練習らしい。
posted by kaishi at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年01月17日

大型二輪教習 適性検査 4,5限目

今週末も大型二輪教習へ。今日は学科1時間と技能2時間。まずは唯一の学科である適性検査。

適性検査とは何をやるのかすっかり忘れていたが、単純作業を大量に繰り返すやつだった。時間制限いっぱいまで大量の図形が見本と同じかどうかひたすらチェックしたり、単純引き算を繰り返したり、ひたすら三角を書いたり。昔こんな適性検査をやったかどうか思い出そうとしたが、やったのかやらなかったのかすら思い出せず…
結果は1週間程度後に判るらしい。結果は教習には全く影響しないが受けないと第二段階に進めない。

続いて技能4限目はAT教習。AT教習と言ってもMT課程にとっては「体験」という位置付けらしい。スクーターに乗るのはこれ一度きりで教習車もSilverWingだが600ccではなく400cc。S字、クランク、坂道発進、一本橋、スラロームと走るが、ホイールベースが長いし半クラができないので、クランクは曲がりにくいし、一本橋は微速調整がやりにくくて仕方がない。結局一本橋はギヤ付と同じ低速度は諦めて「10秒ぎりぎりでいいや」と割り切ってなんとか通過。まあ「体験」なので出来なくても怒られる事はないのだが。

5限目は坂道発進。この時間で第一段階が終了するので第二段階に入れるかの「見きわめ」も行われる。一通り坂道発進を教わった後は、坂道発進→クランク→一本橋かスラローム(交互)→S字→クランク→坂道発進へ戻る を繰り返すように言われる。
2周ほどしたら何だかバイクの調子がおかしい。アイドリングが異常に低く不安定になり、エンストしそうになる。アクセルレスポンスも悪くて扱いにくい事この上無い。常にアクセルを開け気味にして何とか教習を続けるが、とうとうクランクでエンスト。セルを回そうとしたら全く回らず結局バイクを交換。交換後はそれまでが乗りにくかった分ものすごく乗りやすく、こんな事なら早く訴え出て交換してもらえば良かった。

バイクが不調だったせいもあり、見きわめが通ったのかちょっとドキドキしたが無事合格して次から第二段階へ。本当は明日の予約が取ってあったのだが、どうやら段階が変わると予約がリセットされてしまうらしく明日の予約が消えていた。明日は一杯でもう取れなくなっていたのでとりあえず来週土曜の空いていた夜間を予約。でも夜は寒いのでできれば昼が良い。こまめにキャンセルが出ないかチェックしよう…
posted by kaishi at 21:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記

2009年01月12日

大型二輪教習 2,3限目

一昨日に続いて大型二輪教習へ。今日は2時間連続で予約が取れた。この自動車学校は入校時の値段によって予約できる時間数が変わる。一番安い追加料金無しのコースなので1週間先の3限分までしか予約が取れない(高いコースは2週間先の6限分まで予約が取れたりする)。休日の予約はあまり取れないかなと思っていたが、ネットで予約ができるのでこまめにチェックすれば結構キャンセルが出るようだ。

2限目は一本橋とスラローム。その前にちょっと8の字旋回を練習。ここで目線が近い事を指摘される。8の字の1/4周先ぐらいを見てしまっていたのだが半周先を見るようにと。
これを意識してスラロームにチャレンジしたところ前回最後の予習ではボロボロだったのがかなりマシに。目線はまっすぐスラロームのゴールを見るような感じで、体とバイクはアクセルワークとフットブレーキでリズムを付けて倒してやれば良い事が判った。つまりスキーで言えばウェーデルンだ。
それでも体が付いてこない時が多々あるので、もう後はひたすら練習するしかない。少しはマシな通過が5割ぐらいできるようになった所で2限目は終了。

3限目はS字とクランク。始まって半分ぐらいの時間はコースの都合で引き続き一本橋とスラロームを練習。スラロームをもっとマスターできればと思ったが残念ながら2限目最後からあまり上達せず。残りの半分の時間でS字とクランクを行うが、こちらは一本橋とスラロームに較べれば楽勝という感じ。

なんとか3限でダブることはなく4限目へ。次はオートマ教習でスクーターに乗るそうな。ビッグスクーターはほとんど乗った事がないのでちょっと楽しみ。
posted by kaishi at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2009年01月10日

大型二輪教習 1限目

本日は大型二輪教習の初日。

自動車学校に行くと申し込みに行ったときの4倍ぐらいの混み方。年齢層はさすがに20歳前後ぐらいの若者ばかり。
教習コースに行くと二輪のインストラクターだけでも10人ぐらいはいる。女性の二輪インストラクターも2人ほどいた。
教習が始まってみると一緒に初回教習を受ける人間は4人で、大型二輪となるとさすがに平均年齢30歳ぐらいな感じ。これを2人のインストラクターが教える。

1限目は乗車降車のやり方、コースの外側を周回して加減速、ギアチェンジ、乗車姿勢などの基本の確認。マニュアルのオートバイをまともに乗ったのは10年以上前なのでどうなるかと思ったがとりあえずこのレベルはなんとかなった。
が、最後に次の時限の予習という事で一本橋とスラロームを5分ほどやったところ、これがかなりひどい事に。
一本橋はあまり問題ないのだがスラロームが全く駄目。アクセルワークとブレーキによるリズムが全く付けられず、単に倒し込んで抜けるだけ。

これは先が思いやられそうな予感… まあ焦って取る必要はないのでじっくり取り組もう。
posted by kaishi at 22:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記

2009年01月05日

飲み始め

誕生日祝い、という事で馴染みのワインバーで20周年記念ボトルのオルネライア 2005を頂く。
090105.jpg
Cabernet Sauvignon 60%, Merlot 22%, Cabernet Franc 14%, Petit Verdot 4%
抜栓直後は濃い果実のようで、時間が経つにつれキャラメルのような味わいが加わりさらに濃く。新年早々堪能させて頂いた。

本日より仕事始め。って年末どこまでやっていたのだかすっかり忘れてしまった(^^;)。
posted by kaishi at 01:20| Comment(4) | TrackBack(0) | food

2008年12月31日

Micro Slot Car Owner's

ちょっと気になっていたMicro Slot Car Owner's
今月になって初回特典のフェアレディZ同梱のベーシックセットを買ってみた。
mslotcar0.jpgmslotcar1.jpg

子供の頃に憧れたのは結構大きくコースを組立てるとかなりの場所を取るものだったが、これは1/87スケールというミニミニサイズ。
それでも結構元気よく走るし、スロットルを全開にするとコーナーで吹っ飛んでしまう。内回りをオートで走らせて外回りを自分で操作すると以外と競争できたりする。

また、車種が違う2台とはいえどうせ台車は共通でしょ、と思っていたらきっちりホイールベースもトレッドも違う異なる台車を使っている。そのお陰で走らせると特性が全然違っていてきちんと個性がある。FR駆動なこともありスロット操作だけなのに結構複雑な挙動をしてくれて楽しい。
mslotcar2.jpg

今はベーシックセットの他に日産車4台がセットになったニッサンヒストリーセットも出ているが、全車種このように異なる個性があるなら集めるのも結構面白そう。今はコースと車両のセットしか出ていないがバラ売りが始まったら買ってしまうかも…。2コースが同長にできるようなコース立体化パーツも欲しい。
posted by kaishi at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記