2008年05月02日

AXISハザード増設キット 完結

AXISから純正同様のスイッチを使ったハザード増設キットが3月半ば頃に発売された。

以前のバージョンのものは使用していたのだが、配線をステアリング右下のジャンクションボックスから取る必要があり、施工が大変だった。
また、ほぼ純正のハザードスイッチと同じ動きをするのだが、
・ウィンカー左右の同時点灯時に光ってしまうので例えばリモコンでのロック/アンロック時にも点滅してしまう。純正ハザードスイッチは光らない。
・イルミ点灯時にハザードを使うと明→暗の点滅になる。純正ハザードスイッチはイルミ点灯時も明→滅の完全な点滅。
などの点が異なっていた。

今回のスイッチは完全に純正同然の完璧なものだけに、このような細かい点が余計に気になってしまう。
そこでスイッチのみのバージョンアップキットを購入し、ランプの点滅回路を自作することに。
switching0.jpgswitching1.jpg

取り付けた所、きちんと動作。下のサムネイルをクリックすると動画を表示(要QuickTime)。
動画のチェックポイントは、
・暗闇でアンロック。アンロック時に増設ハザードスイッチは光らない。
・エンジンON。イルミネーション点灯。増設ハザードもイルミ点灯。
・ハザードスイッチON。イルミ点灯時でも純正と同じ明→滅の点滅。
・ハザードスイッチOFF。ディマーによるイルミ調光の動作を確認。
・エンジンOFF。キーを抜く。
・キーを抜いた状態でのハザードスイッチの動作と点滅を確認。
hazard.jpg

スイッチの形状とあわせて完璧な増設スイッチになりました。

AXISさんにこの件は連絡済みで、興味を持たれたため回路図を送りました。
これを参考にモジュールの改良を前向きに検討して頂けるそうです。
posted by kaishi at 00:23| Comment(13) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年04月25日

フューエルキャップ

Maniacsさんでも純正品から交換するフューエルキャップを売っているが、そちらは残念ながら興味が無い。
でも、これはちょっと欲しいかも。
EasyCap
送料がかからなければ洒落で買ってみるのだが(^^;)。
posted by kaishi at 21:09| Comment(14) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年04月20日

週末オフ会2連続

車のオフ会に土曜、日曜と2連続で参加。

土曜日はEOSオーナーのオフ会。詳しい内容は永尾さんのblogをご覧下さい。

私はSinnaさんと共にexcelsiorさんのEOSにフロントスピーカーを取り付け。こういう工作は何気に好き。
他にも当日2台のEOSにsmartTOPが装着され、集まったEOSのほとんどがsmartTOP装着車に。smartTOP大人気。

幹事の永尾さん、お集まりの皆さまありがとうございました。


日曜日はOpen Car Japanの竹の子掘りオフに参加。
事情があって遅れて出発したため、途中集合場所の道の駅で追いつくことに。
実際には途中で追い越したため、私が先着して皆さんをお出迎え。
takenoko01.jpg

その後竹の子掘りの観光農園に移動。下のような駕篭も用意されているが、当然こんなに大量には取らないのでビニール袋でも充分(笑)。モデルは主催してくださったhagisan。
takenoko02.jpg

昨年初めて参加して今年は2回目だったが、すっかりやり方を忘れて無駄に竹林をうろうろ。そのうちやり方を思い出す。
基本的に目で穂先が見えるのはちょっと薹が立っているので、ゴム長でめぼしを付けた場所の土を擦ってみるとゴツッと隠れていた穂が足に引っかかるのでそこを掘る。
でも掘ってみると大抵が5,6cmしかない小さい「外れ」。そしてまた穂先探し。
結局大きいものは2個見つけたのだが、1個は掘る途中で折ってしまい、収穫は1本のみに(笑)。
takenoko03.jpgtakenoko04.jpg

それでも充分楽しかったし、獲れなかった人には朝に農園の人が穫ったものを補充してくれる。
その後は竹の子づくしのご飯を食べながら談笑して帰宅。
takenoko05.jpg

OCJのスタッフ他参加者の皆さんありがとうございました。
posted by kaishi at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年04月12日

オープンカー桃源郷オフ

先週に引き続き、OCJの有志で開催の桃源郷オフに参加。

甲府盆地の桃畑の桃の花がこの季節に満開になる。実を大きく育てるためにすぐに剪定して花は摘んでしまうので、実際に満開状態が見られるのは限られた期間だけらしい。
集まったのは日英独瑞の8台。(最奥は参加車ではありません。荷台はオープンですが。)
080412a.jpg

主催者のHayashiさんの案内で農道をドライブしたが淡いピンク色の絨毯が広がっていてとても綺麗。
080412b.jpg080412c.jpg

お昼は原茂園というワイナリーがカフェを始めたそうで、そこで食事をすることに。人気らしく待ち時間が長かったが、談笑しているとあっというまに時間は過ぎた。
080412d.jpg080412e.jpg

来週の19日は永尾さんのblogで案内されているようにEOSのオフが、20日はOCJ主催の千葉での竹の子掘りオフがありますので興味のある方は是非ご参加下さい。
posted by kaishi at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年04月11日

smartTOP アップデート

走行中にルーフ開閉を可能にするsmartTOPモジュールをバージョンアップしたのでwebページを変更追記

個人的に使わなくなってしまった機能が使えるようになってとても嬉しい & 忘れていなかったmods4carsスタッフに感謝。

[2008.4.13] メールで情報を頂いたのでwebページに追加。メールをくださった方、ありがとうございました。
posted by kaishi at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年04月06日

久しぶりの朝オフ参加

以前スタッフをしていたOCJ(OPEN-CAR JAPAN)の朝オフに早起きして久しぶりに参加。
いつもなら横横道路で逗子ICまで一気にいくのだが、途中で降りて安くなったガソリンを入れた後は下道を通り、逗子ハイランドの桜並木を通って、逗葉新道脇の駐車場へ。
asaoff0804a.jpg

皆さん既にお集まり。やはり色々なオープンカーが集まるのを見るのは楽しい。
asaoff0804b.jpgasaoff0804c.jpg

集合の後はいつもの海辺のレストランへ。海辺のテラス席や庭もある綺麗なところだが…
asaoff0804d.jpgasaoff0804e.jpgasaoff0804f.jpg

実はデニーズ。メニューも価格も他のデニーズと一緒。こんなお洒落なファミレスを他に知らない。
asaoff0804g.jpg

いつもはここでの歓談の後に解散なのだが、今日は解散後に有志で解禁された生しらすを食べに江ノ島へ行くというので参加することに。
既にオープンではちょっと暑いぐらいの良い天気。江ノ島もすごい賑わいだったが生しらす丼を堪能。
asaoff0804h.jpgasaoff0804i.jpgasaoff0804j.jpg


天気が良ければオープンカーには絶好のシーズン。
OCJでは来週は有志で桃源郷ツアー、再来週にはOCJ主催の竹の子掘りも開催されるのでご興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。
OCJは会員制ではなく、オープンカーが好きであれば誰でも自由に参加できる集まりです(オープンカーのオーナーである必要なし)。
私は現在はスタッフではありませんが、参加される方はお陰様で気さくで楽しい方ばかりですので皆さん御気軽にどうぞ。
posted by kaishi at 15:47| Comment(5) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年03月31日

リアカップホルダー

昨年の晩秋にEOSの後席に長時間乗るという体験をした。その時カップホルダーが無く飲み物の置き場に困ったので、純正パーツのリア用カップホルダーを取り付け。ここは標準では「仕方が無いので付けてみました」みたいなほとんど使いようが無い小物入れになっている。

rearcupholder2.jpg

最初はリッドにインテリアカラーと同じコーンシルクベージュが無いと言うことで、ピュアベージュで我慢していたのだが、実はコーンシルクベージュがあるということで交換。
rearcupholder0.jpgrearcupholder1.jpg


色も揃って満足。まあ次にいつ使う事があるのやら、なのだが。

posted by kaishi at 22:15| Comment(5) | TrackBack(0) | VW EOS

VW純正EOS専用スキーバッグ

ドイツ本国のVWサイトでEOSのコンフィグレーターを使うと、以下の写真のようなトランクスルー用のスキー袋がオプションで見つかる。
eos-skibag.jpg
写真を見る限りでは、BMW等のセダンにあるような普段はトランクスルー部に内蔵されていて車内に張り出す部分のみを覆うカバーのようだ。

最近スキーから遠ざかっているが、もしそうなら欲しいと思いVWManiacsさんでパーツとしてスペシャルオーダーによる取り寄せをお願いした。
ただ、VWのパーツリストでは、内蔵型の車内用カバーではなく単なるスキーバッグのような図になっている。しかし、頼まなければ実際どんなものか判らないので、最悪ただのスキーバッグでも良いということで注文。
届いた物は以下の写真の通り。
eosskibag0.jpg
どうみても単なるスキーバッグである。どうやら本国のコンフィグレーターの写真は下のように畳んである状態で写したもののようだ。
eosskibag1.jpg
ただのスキーバッグであればVWの純正アクセサリとして汎用のスキーバッグ、パーツナンバー"00V 061 202"がある。これははるるんさんが購入されて使っている。
またパーツナンバー"3C0 885 215"というものもある。これは永尾さんがパサートの付属品として持っておられた。
そしてこのEOS用のパーツとしてのスキーバッグは"1Q0 885 215A"というもの。パーツナンバーは違うが写真をちょっと見ただけでは3つとも同じ物に見える。
しかしよく見ると、EOSのスキーバッグには下のような積載のしかたの図が印刷されていた。
eosskibag2.jpg
もう一度はるるんさんのエントリを読み返すと汎用アクセサリのスキーバッグのベルトには、シートベルトアンカーに差し込む金具がついており、それで固定するようになっている。
だが下の写真の通り、EOS用のスキーバッグのベルトにシートベルトアンカー用金具は無い。代わりに何かに引っかけるようなフックが2つ付いている。(写真では1つしか写っていないがもう1つは裏にある。)
eosskibag3.jpg
車のトランクスルー部を見ると… あった。このフックを引っかける金属製のループがトランクスルーホールの左右に付いていた。
eosskibag4.jpg

このようにEOS専用のスキーバッグは、少なくとも車体への固定方法が汎用アクセサリとは異なりEOS用の独自のものになっていることが判った。パサート用パーツナンバーのスキーバッグもこのような細かい違いがあるのかもしれない。

なお、このスキーバッグに入れられる最も長い板を入れた場合、先端はちょうどセンターコンソールの上まで突き出すようになる。
eosskibag5.jpg

今シーズンはもう終わりなので、実際の使い勝手については来シーズン以降に期待か?(笑)
posted by kaishi at 21:47| Comment(5) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年03月26日

BMW 1シリーズカブリオレ

BMWの1シリーズ カブリオレが本日、日本でも販売開始。

カブリオレは2l 156psの120iのみ。
クーペモデルの方は6気筒3lツインターボ306psの135iで6速MTも用意されているのだがカブリオレは2lのみだった。(独本国ではカブリオレにも135i有り)。

135iカブリオレで6MT仕様があったらちょっと心が動いたかも。
まあ1シリーズはエクステリアデザインが好きではないので買うことはないだろうけど…

EOSの方もVWVortexフォーラムによると北米の2009年モデルではV6が消滅して2.0Tのみになるという噂。
日本でどうなるかは判らないが、やはりスポーツモデルはクーペか2シーターオープンで、4シーターオープンはコンフォート指向ということなのか。
posted by kaishi at 20:25| Comment(13) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年03月09日

ステアリングホイール交換

TM TuningでEOS Indivisualのステアリングホイールが余剰在庫品として安売りされていた。
周囲の勧めもあり思わず購入。$299で購入したのだが実際には$609するらしい。
2月18日に注文して一番安い送料を選んだところ、3月8日に到着した。

今日、ほぼ同時期に購入したzzkeroさんが、CESARさんから工具を借りて交換するというので、それに便乗して一緒に交換した。
indsteering1.jpgindsteering2.jpgindsteering3.jpg

2時10時の部分以外は、標準のステアリングと同じ太さだと思っていたが、実際には全体的に少し太くなっていた。日本人の手にジャストフィットか?
ベージュのステッチも相まってピアノブラックに換えたインテリアとのマッチングも良い感じ。

CESARさん、ありがとうございました。
posted by kaishi at 20:13| Comment(11) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年03月08日

サブウーファー追加

ベースなどの低音は完全にマスクされてしまうのでサブウーファーを追加。
CJ-PS1200D.jpg
写真は助手席シートを一番後ろまで下げた状態。
とにかく電動パワーシート下に収まる物、ということで探すとこのパナソニック製のものしか無かった。
左右もほぼぴったり、奥行きもフロアマットにぎりぎりかからず。
posted by kaishi at 23:34| Comment(10) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年02月29日

結局自作

AXISのハザード増設キットを取り付けたが、配線は複雑だし純正スイッチと若干光り方も違うので、結局自作のものに交換。
orighazard.jpg
サイズが合いそうなオムロンの照光スイッチを購入した。純正のハザードスイッチの照明配線の電圧を測ると最大約5Vほど出ていたので、ランプは5V LEDと6Vの麦球を用意。本命はLEDなのだが、万が一照度調整がPWM制御でない場合LEDは点灯しない。そのために麦球も用意した。結果はLEDで無事点灯。ディマーでの照度調整もOK。一応麦球に替えてみたが、電力不足で麦球は点灯しなかった。

費用は送料含めても2,500円弱。配線もハザードスイッチ裏から2本とアースを取るだけ。純正スイッチに完全連動でリモコンのロック/アンロックで光ってしまうこともない。最初からこうすれば良かった(^^;)。
posted by kaishi at 08:27| Comment(6) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年02月19日

AXIS ハザード増設キット装着 & 調整

VWManiacsよりAXISハザード増設キットを購入して取り付けた。

イルミネーションで点灯、イルミディマーに対応した明るさ連動、ハザード時の点滅も純正に同期、が売り。
実際に夜間イルミで点灯させてみると、確かにディマーダイヤルに連動して減光できるのだが、周囲のスイッチのランプに較べて「明るすぎる」。
配線から中身は大体想像がついたので、コードの1本の途中に抵抗を挿入して明るさを調整。
大体周囲のスイッチと同じ明るさにできたのが以下の写真。点灯面積が広いので、もう少し暗くした方が調和が取れるのだが、そうするとディマーで一番暗くしたときに消えてしまうので、ぎりぎり点灯するようにした。
axishazard.jpg
そもそも、ランプの点滅同期やディマー連動を実現するためだけに3ヶ所から配線を取ってきているのだが(取り付けにはスイッチ自体とアースを足して全部で5ヶ所配線が必要)、どう考えても純正のハザードスイッチ自体の照明配線から取ればそれ1本で済むと思う。
仮に純正ハザード照明の電力が足りなくても、アクセサリ電源とトランジスタ1個あれば済む話だし…

配線してしまった後だけど、自分でやり直そうかな…
posted by kaishi at 23:35| Comment(7) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年02月15日

コーナリングライト バルブ交換

EOSにはダイナミック&スタティックコーナリングライトが装備されている。
ダイナミックコーナリングライトはメインのHIDライトがステアリング操作に連動して左右に動くもの。スタティックコーナリングライトは低速時にステアリングをある程度以上切るかウィンカーに連動して側面を照らす専用ライトである。
このスタティックコーナリングライトのバルブは普通のH8のハロゲンバルブで、メインのHIDと色温度が全然違う。曲がる方向を照らしてくれるのは良いのだが、正面と全然異なる黄色っぽい光が突然側方を照らすのが妙に気になってしまう。

そんな訳でふらっとオートバックスに行き、「HIDの青白さを実現」と謳っているPIAAのエクストリームホワイトなるバルブに交換してみた。
同様のものは各メーカーの製品が大量に売っていたのだが、別に何の比較をした訳でもなく、H8バルブは2種類しか店頭に置いてなくて安い方を選んだだけ。H4バルブなら10種類以上もあるのに…

買ってすぐに駐車場で交換してみたが、運転席から見るとメインのHIDと大体同じ色で照らしてくれるようになり、側方だけ妙に違う色になるのが解消されて満足。エクストリームホワイトは4,150Kだそうだが、EOSのHIDと色温度を合わせるには4,000〜4,500Kぐらいのバルブを選べば良いようだ。
ただし、これは照射される光の色温度が同じになったのであって、バルブそのものはハロゲン。従って車体のライト(光源そのもの)を見てしまうと、HIDとはかなり色が違って見える。「車のライト自体を白く見せたい」というドレスアップ目的には向かないと思う。
posted by kaishi at 22:17| Comment(2) | TrackBack(1) | VW EOS

2008年01月26日

l-c-tモジュール取り付けオフ会

オークションに出したl-c-tモジュールを取り付けるためにminiオフ会を都筑PAで行いました。

取り付けるのはkikiさんのキャンディホワイトのEOS V6です。
ちょっと寝坊して慌てて出てしまったために、VAG-COMと10mmレンチを忘れるという体たらく。
10mmレンチはCESARさんにお借りして、とりあえず取り付けてみました。

まずは三角警告版が入るトランク内の後ろ側トリムを外そうとしたら、なぜかクリップで留まっていません。はめ込んであるだけ・・・
どうやらバックカメラを取り付ける業者が手抜きをしたようです。
後で戻すときに判ったのですが、バックカメラの配線の通し方が悪く、ケーブルが邪魔をしてクリップがうまく留められなくなっていました。クリップはスペアタイヤの車載工具置き内に転がっていました。
バックカメラはディーラーで施工したそうなのですが、恐らく下請けの業者があまり良くないのでしょう。ケーブルも車体にガムテープで留めてあったりして、これじゃあプロとは言えないですね。素人の私でもこれよりはマシな処理をします(^^;)。

それはさておき、取り付け作業自体はすんなり終わったのですが、なぜかl-c-tモジュールが全く機能しません。ルーフは純正と同じ動作をするだけで、始動メッセージもでないし、メニューも出せない状態です。配線を間違ったかと思い、確認しましたが正しく配線されています。モジュールの電源端子を抜いて給電を止めると、ルーフが全く動作しなくなるので、配線は正しいもののモジュール自体の動作が止まってしまっているようです。

居合わせた永尾さんによると、永尾さんがオークションに出したl-c-tモジュールも、全く動作しなかったということで返金したそうです。
これは想像でしかありませんが、一度ある車両に取り付けたl-c-tモジュールは、その車両情報を内部に設定情報として書き込んでしまい、他の車両に取り付けても対応できなくなってしまうのではないかと思われます。

仕方がないのでモジュールは取り外し、元通りに復帰させました。
その後、作業で出た内部エラーを消すためにVAG-COMを取りに帰り、エラーを消して、ついでにライトセンサーの設定値変更やリモコンでのウィンドウ操作可能設定を行い、本日の作業は終了。

kikiさん、わざわざ来ていただいたのに残念な結果に終わりすみませんでした。
知っている方に私自分で取り付けたので、動作しないことが明確にできたのが私としては不幸中の幸いです。

kikiさんはオフ会終了後、さっそくsmartTOPを注文されたそうです。

帰宅後、心おきなく封印シールを剥がしてl-c-tモジュールの蓋を開けてみました。ゴム注入により留まっているのでこれ以上は外せませんし、メインのICはわざわざヤスリがけしてなんのチップか判らないようにしてあります。そんなことしなくてもどうせCAN搭載PICだと思うのですが。
inl-c-t.jpg
posted by kaishi at 19:05| Comment(37) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年01月23日

VW純正ナビ RNS 510

以前のエントリに書いた新型の純正AVナビシステム RNS 510が正式発表になった。
VGJのプレスリリース
carviewの記事
ハードの方は以前にコメントを頂いたとおりSiemens VDO製なのだが、日本向けのナビのソフトはどこだろうと思っていた。carviewの記事写真を見るとエクリプスのナビに画面が似ているので恐らくアイシンAW製ではないかと想像。多分アイシンAWのナビソフト開発子会社であるAWソフトウェア製なのだろう。昔のDVD MMSの時もそうだったらしいので。
独本国等で使われているSiemens VDOのソフトはOSとしてWindows Automotiveを採用していたと思うが、日本ではナビソフトだけをWindows Automotive上に載せたのかそれともAV部も含めてAWソフトウェアが違うOS上で開発したのかはAV部の画面が無いので現時点では全く想像できない。

予想は外れでした。ソフトはシーメンスとサンヨーが開発したそうです。恐らくオーディオ部がシーメンス(世界共通)、ナビ部がサンヨー(日本仕様)だと思います。

いずれにせよ、プレスリリース本文や写真からの現時点での個人的な感想、想像は以下のとおり。
・左側にパワースイッチ(恐らくボリュームも)があるということは右ハンドル用にハード改造はしていない。多分地デジユニットは別モジュールではないだろうか。
・上記とプレスリリースを見るにVICSビーコンにはやはり非対応か?
・ETC車載器標準搭載とあるが、ナビ部にICカード挿入口がある訳でもないし単なる抱き合わせでは… 一応ナビと連携するのか? メーカーオプションということは工場ラインで装着されるはずで、ETCアンテナや車載器本体がどこに搭載されてくるのかが気になる。
・ipod連携がないのは個人的には痛い。外部入力があるので好きな携帯プレイヤーをつなげということだろう。

パネルの統一感は素晴らしいがやはり主にハード面からくるローカライズが今一歩な印象。
個人的にVICSビーコンとipod連携が無いのとNGなので、もしこれから購入するにしてもRNS 510は選ばないと思う。
もっとも本当に無いのかは現段階では想像でしかないのだが。
追記
VGJに詳細解説ページが掲載されていた。
RNS 510 (HDD Navigation System)
また、独本国仕様のRNS 510の利用写真がVWVortexフォーラムで見られる。
NEW OEM NAVI RNS-510 installed
これらを見るとAV部の画面はほぼ独本国と同じ。ナビに関してはやはり独本国の方が統一感がある気がするが日本仕様もそれなりに頑張っているように見える(ちょっと地図の配色が浮いている気がしないでもないけれど)。
ETCはさすがにちゃんと連携するようだ。
posted by kaishi at 19:48| Comment(31) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年01月15日

レーダー探知機交換

以前に取り付けたレーダー探知機を交換した。
別にGPS-1700LDに不満はなかったのだが、ドライブレコーダーに興味があって付けてみたいと思っており、レーダー探知機とドライブレコーダーが一体になったコムテック GDA180Rに以前から興味があった。
オークションで4.2万円ほどとドライブレコーダー+αとしては妥当な額だったので購入。

取り付けは取り扱い説明書通りだし、「ドライブレコーダーを取り付けよう」というサイトにも詳しいので省略。本体、アンテナ、カメラ/ディスプレイ部、手動録画ボタンと、取り付けパーツが多いので普通のレーダーよりは取り付けに時間がかかる。
幾つかのTipsとしては、
・アンテナ部は地上無線アンテナであることも考えて車両のできるだけ高いところ、バックミラーの上に取り付けた
・カメラ/ディスプレイ部の取り付け台座は、「時々増し締めしろ」と書いてあるので、ねじの方向に注意。私のものは購入状態のままつけるとねじが回せない位置になるようになってしまっていた(ねじ頭が前と右を向いてしまい、ドライバーが入らない)。最上部のねじを回して台座のヘッドを反転させる必要があった。
・同じくこの台座は、ジョイントを一個外すことにより前後の傾き調整ができなくなるもののダッシュボードに低く取り付けることができる。しかしそれをやると外観の格好は良いものの、カメラ画面の半分以上にダッシュボードが写ってしまう。高さを確保するためにもジョイントは外さない方が良い。
というくらい。

通常の画面はなんだかにぎやかだが、画面をオフにもできるので、うるさく感じたらオフにしてしまうかも。
取り付け位置を画面を見ながら調整できるのが、他のドライブレコーダーには無い利点。
gda180r0.jpggda180r1.jpg

動画が以外と簡単に作成できることが判ったので追加。
左が高画質/7fps/24秒、右が高画質/14fps/12秒の動画。記録時間はそれぞれの条件での最長録画時間。
どちらも曲がる動作の前に手動記録ボタンを押していて、7fpsは前15秒/後9秒、14fpsは前7秒/後5秒の記録。

上のサムネイルクリックでwmvの動画を再生します。fpsを合わせて動画を生成しているのでほぼ正確に実時間で再生できます。

さらに動画を追加。今回は全て高画質/7fps/24秒の設定。
最後の動画だけは信号通過の部分だけを切り出しているので5秒ほどの映像。

一番左は逆光からトンネルに突入したもの。空に見える黒い点は太陽。どうやら逆光補正のために太陽にフィルター処理が施されている模様。逆光時もトンネル内も充分見られる画像。
左から二番目は夜の暗い住宅街。ライト外も一応判別できる。なんだか速度が出ているように見えるが記録を見ると15km/h程度。
三番目は夜の大通り。通過している交差点はLED信号なのだが、きちんと写っている。これは夜間のためにシャッタースピードが遅くなり1/100秒以上になっているため。
一番右が真夏の日中のLED信号。信号はずっと青なのだが点滅してみえる。もちろん実際には点滅してはいないが信号が何色だったかはきちんと確認できている。
posted by kaishi at 20:03| Comment(9) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年01月13日

【宣伝】l-c-tルーフ開閉モジュールYahoo!オークションに出品中

手元に余らせていたl-c-t社製走行中ルーフ開閉可能モジュール VARIO PLUS CONTROL MODULE PROをYahoo!オークションにて出品しました。
「Yahoo!オークション出品ページへ」

すみませんが、直接取引はできません。その代わり開始価格はかなり安く設定させていただいております。
また、出品物へのご質問は、blogのコメントではなく、Yahoo!オークションの出品者質問にてお願いいたします。

以上、宣伝でした。
posted by kaishi at 21:43| Comment(5) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年01月09日

ピアノブラックステアリングホイールバッジ装着

昨年注文していたEOS Indivisual純正のピアノブラックステアリングホイールバッジが届いたので取り付け。



これにてインテリアのピアノブラック化は完成。
posted by kaishi at 21:35| Comment(4) | TrackBack(0) | VW EOS

2008年01月02日

次期EOSに欲しいオプション

としてVWVortexフォーラムで紹介されていた。
Youtubeの動画

何度見てもまるで手品のよう。安全性その他の面で実用化するのは相当に大変な気がするが。

正月らしい夢のある話題ということで。
posted by kaishi at 17:13| Comment(4) | TrackBack(0) | VW EOS