2008年01月23日

自分のblogを評論してもらった。

とある所で見つけた
勝手にブログ評論(α版)
さっそく自分のblogを評論してもらった。
失敗は誰しも犯す。しかし、重要なのはそれを自らただし、EOSリア用を差し出すという事だ。

総合得点 46点

純正パーツの歴史は古い。古くは古代バビロニアのコーティングから始まった。少年よ、ドア開警告板を見よ。少女よ、exフォーラムを愛せ。NHK時計もそうだ。ピアノブラックトリムなど、いずれウォルマートの店頭にならぶだろう二級品である。フォルクスワーゲン メーカー希望小売価格は悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう。第三京浜都筑PAの話題を考えるときに、忘れてはならないのが2008年モデルと先週月曜日だ。

いくらかのレーダー探知機、それとクション出品ページがあれば上等だ。不自由はない。さもありなん。自由とは、フォルクスワーゲン メーカー希望小売価格によってもたらされ、第三京浜都筑PAによって破壊されるのだ。そもそも人はいかにして依存から脱却したのか。作者にとって最も大切なのは、インテリアトリムでも11 写真追加でもなく、第三京浜都筑PAなのだと解る。、作者にとって最も大切なのは、ピアノブラックトリムでもエンブレム見でもなく、第三京浜都筑PAなのだと解る。、もう隠す必要はない。作者の人柄がダッシュボードという表現ににじみ出ている。

どう考えてもスプレータイプは割にあわない。それでもスプレータイプが必要だというのか。だが、一方では保証期間内的な側面があるなかでALCON+ロータリーコマンダーの優位性は揺るぎないもので、仮にラバーシールが広く受け入れられることがあれば、ドーバー海峡を泳いで渡ってみせよう。ピアノブラックステアリングホイールバッジの真価を図るのは極めて難しい。

リアスピーカーなど、香港のネイザンロードあたりにいくらでもありそうなものだ。
どれだけ多くの血を流そうとも、必ずやドライブレコーダー+αを手に入れるという作者の強い意志を感じる。ロイズの保険引受人はその債務を履行するためにはエンゲージリングさえ手放す。作者もまた、有言実行のためには第三京浜都筑PAさえも手放す覚悟のようだ。実に立派。

マリー・アントワネットはかつて「パンが無ければ赤外線発光部を与えればいい」と言って民衆の不興を買った。口は災いのもとである。インテリアトリムはあきれるほど赤外線発光部だ。いずれNHK時計は世界を席巻するであろう。

大胆さとは、時にローター径を恐れないものである。
そういうわけでピアノブラックトリムは大切なのだ。

漆黒のサンルーフ側面は、闇夜に舞う

大爆笑。
そうですか、メーカー希望小売価格はウォールマートバイヤーも手を出しませんか。 確かにスプレータイプは割に合いません。

複数回やると毎回違う結果が出るみたいだが、最初に出たこれが一番できがよかった。
posted by kaishi at 15:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
仕事中なのに困ります(笑)
私が読み取った教訓を下記します。

・kaishiさんにとって第三京浜都筑PAはかけがえのないもの(でもドライブレコーダーを入手するためには手放す覚悟だ)。
・kaishiさんの人柄が「ダッシュボード」という言葉からにじみ出ている(なるほど。ダッシュボードが人柄を表すと言われると納得するが)。
・スプレータイプはやはり割にあわない(やはりか・・そうは思っていたが)。
・ALCON+ロータリーコマンダーの優位性は揺るぎない(うんうん)。
・ピアノブラックステアリングホイールバッジの真価を図るのは極めて難しい(そうだステアリングバッジなんて何色でもいいのだ。)
・kaishiさんにとってドライブレコーダーを手に入れることは命よりも大事(だから危険を回避して夜中に装着されたのか・・)
・kaishiさんのインテリアは赤外線発光部だらけだ(でも私の方が1個多い)。
・NHK時計はもう伝播し始めている(私のブログにも気が付いたらあった)。
Posted by 永尾 at 2008年01月23日 16:20
筒井康隆の「バブリング創世記」を思い起こさせる文章が生成されますね。

でも、面白いです!
( ^∀^)ゲラゲラ
Posted by excelsior at 2008年01月23日 19:04
私のブログは何回やってもタイムアウトエラーになります。
Posted by 永尾 at 2008年01月23日 19:47
ちょっと形態素解析が甘いところもありますが、それが逆に良い味だしてる感じです。

永尾さんのblogは昼間にやってみた時には結果が出ていたので、今は混んでいるのかもしれませんね。
Posted by kaishi at 2008年01月23日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9907113
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック