2013年09月21日

エリーゼ雨漏り修理

エリーゼは前オーナーのナガオさんから受け取る際に「雨、漏りますよ」と言われていた。
最初のツーリングが豪雨だったのだが、確かに両サイドのルーフとAピラーのところから結構ポタポタ漏れるし、高速では真ん中からもボタボタ落ちてきた。
まあエリーゼだしこんなもんかなと思ったが、ネットでオーナーの書き込みを見ると最近の年式では全然漏らないと書いている方も結構いる。

そこでルーフの状態を真面目に観察してみると、明らかにおかしい。
elise-top-adj-1.jpg
幌の前後には左右にワイヤーが張られているのだが、前のワイヤーが布地の張力に負けて嵌まるべき溝に嵌まっていないようだ。

中央部でワイヤーの張力を変更できるので溝に嵌まる程度に張力を強めることにする。
elise-top-adj-2.jpg

結局限界まで締め込んでようやくワイヤーが溝に嵌まるようになった。
elise-top-adj-3.jpg


調整後まだ雨の中を走っていないが、これで雨漏りが治るといいなあ。

【追記】
その後いろいろなシチュエーションで走ってみたところ、雨漏りはほぼ完治。
台風並の豪雨だとAピラー脇から少しだけ水滴が落ちることがあるがセンターからの雨漏りは絶無。
通常の雨ならかなりの本降りでも雨が漏ることは無くなった。
posted by kaishi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LOTUS ELISE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77088010
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック