2007年11月25日

EOSのリアスピーカー

なんとなく勢いで交換してみたり。
リアスピーカーの交換

[2007.11.26 追記]
実のところ、リアのインナーバッフルはフロントと同じだろうと勝手に想像してパイオニアのUD-K507を用意していた。ところが、トリムを開けてみれば全然違っており、UD-K507はどう加工してもリアには取り付けられなかったため、急遽UD-K507をフロントに回し、元々フロントについていた特注インナーバッフルを加工してリアに取り付けた。

しかし写真でみれば判るとおり、あまりと言えばあまりなやっつけ仕事…
ということで、きちんと調査したところEOSのリアのねじ配置はゴルフIVのドアスピーカーと同じであることが判明。
現在ゴルフIV用のインナーバッフル、アルパインのKTX-V171Bを手配中。
入手してうまく取り付けられたらwebページも更改予定。
posted by kaishi at 13:17| Comment(15) | TrackBack(0) | VW EOS
この記事へのコメント
ひょぇー!

kaishiさん、相変わらず凄い作業してますね。頭が下がります。
次回オフ会で音を聴かせてくださいね!

あぁ、こういうのを見ると、スピーカーにも手を加えたくなりますねぇ。早く物欲地獄から脱出したいものです。
Posted by pooh at 2007年11月25日 17:32
EOSのリア・スピーカはリベット止めではなっかたのですか?
貴重な情報をありがとうございます。
リア・サブウファー化を真剣に考えたいと思います。
Posted by CESAR at 2007年11月25日 19:56
前後DLS化完結編、大変参考になります。4スピーカーが同じような能率・材質だと一体感が出ますよね。フロント100%にするよりもリアも2割〜3割鳴らすことで、前方定位はそのままで音が立体的に広がるように感じます。それ以上リア側に振ると、どうしてもリアツイーターの音が聞こえはじめるので音が後ろに引っ張られるのですが。。私は自信が無くて前後とも全て業者さんに頼んでしまったのですが、次からは自分でチャレンジしてみようと思います。
Posted by 永尾 at 2007年11月25日 20:39
DLSのスピーカーではフェーダーバランスをセンターにしてもそれほど後ろには引っ張られずに、割と良い按配で鳴ります。リアが純正の時はドンシャリっぽい音に引きずられるのでリアから音を出す気にならなかったのですが。

Bentleyのリペアマニュアルにもリアはビス止めと書いてあったのでリベット止めでは無いのは知っていたのですが、マニュアルではねじ5本で留っているように書いてあったのですが実際には4本でした。
スピーカーが留まっているのは金属ではなく樹脂パネルです。無理してインナーバッフルを介するより直接スピーカをつけた方が簡単だし、それほど共振しないかもしれません。
Posted by kaishi at 2007年11月25日 23:05
改めて、永尾さんのBLOGのリアスピーカの写真を確認してみましたが、ボルト穴は確かに4つでした。
前後で同じスピーカと聞いていたので、てっきりリアスピーカの6穴だと思いこんでいました。
Posted by CESAR at 2007年11月26日 19:56
私のブログにリアスピーカーの写真が載っているなんてすっかり忘れていました(笑)
Posted by 永尾 at 2007年11月26日 21:08
リアはこれから手を入れるので、
情報貴重です!
リアシートは上に持ち上げてから、
運転席側に引き抜くのでしょうか?
Posted by Sinna at 2007年11月27日 10:20
その通りです。手前を持ち上げるとフックが外れる音がしますから、全てのフックを外したら運転席側に引き抜いてください。
Posted by kaishi at 2007年11月27日 12:03
本日、無事にフロント3way化、リア2way交換が終了しました

後部座席は、楽勝で交換可能ですね
ツィターの止め方だけが問題ですけど

フロントの3way化は難儀しました
(ほとんど無理やり入れました)
見違える(聞き違えるかも?)ほどしっかりした音が出るようになったと思います

スピーカーに関しては、
あとは、スーパーウーファーの追加のみです
電源をバッ直にしたいのですが、
エンジンルールからの引き回しは難しそうなので、
これとフロントカメラの取りつけは、プロに任せようかと思っています
Posted by Sinna at 2007年12月09日 18:25
dynaudioのミッドレンジ装着できましたか! おめでとうございます。
難儀されたとのことですが、内部のパネルなどに加工されたのでしょうか?
もし加工なしで付いたのなら素晴らしいですね。
Posted by kaishi at 2007年12月09日 23:01
MIDは円形で作成したバッフルが、壁に当たってしまうので、ブッタ切り、三日月形で、
インナーパネルにビス2箇所止め、
取りつけネジ位置のリブはニッパーで切り取りました(強引!)
スピーカーも120度の2箇所止めで付けました
内張りにスピーカーネットが完全にあたっています(汗)
内部ドームに影響しない範囲で、スピーカーネットを潰しました(あははっ)
前後ともすべての部分で、デッドニングしています
元の音が分からなくなっているので、
なんともいえませんが、
かなり音のレベルは上がったと思っています
Dynaudioの場合、2wayとり3wayの方がしっくりした音のつながりで、
自分としては、かなり満足です

あとは、ウーファー追加です
(奥さんは要らないんじゃない?と言ってますが、購入済みなので)
Posted by Sinna at 2007年12月10日 12:52
そうそう、リアにALPINEのバッフル使いました
ほんとにぴったりですね

情報ありがとうございました

ちなみにフロントは、パイオニアのUD-K507です
Posted by Sinna at 2007年12月10日 12:54
なるほど、それでもインナーパネルはリブカットだけで済みましたか。(リブカットは私もしています)奥行きが心配だったのですがまさにぎりぎりだったようですね。

dynauidoの3wayは私のDLSよりかなり高級なスピーカーなので音もよいでしょうねえ。
Posted by kaishi at 2007年12月11日 12:07
レス遅れました(すみません)
DLSもかなり良い音ですから、
なんとも言えないですよ
3wayになって、かなり好みの音になったことは確かです
また、後ろに人を乗せたときも、好評でした

29日には、ウーファーも追加予定なので(当然のDynaudioです)、
請うご期待です(笑)
Posted by Sinna at 2007年12月26日 16:45
今日から皆さん本格的にモディファイ作業にかかられるようで(笑)私は今日まで仕事で明日からかかります(笑)
Posted by 永尾 at 2007年12月29日 08:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7167038
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック