2007年08月05日

手製マルチファンクションステアリングスイッチ

受注品のため納期が12月のはずだった手製マルチファンクションステアリングホイール(MFSW)を作るためのスイッチとキートップが突然届いた。どこかに余剰在庫があったのかもしれない。

ということで、とりあえず基板を外してはんだ付け。本来は表面実装用スイッチをつけるのだが、高さが足りないのでディップ端子スイッチをさらにかさ上げして取り付け。パネル表面が平らでないので高さ調整が少し面倒だった。
handmfsw.jpghandmfsw1.jpg

キートップに本物に似せたレタリングシールを貼って完成。
handmfsw2.jpg

でもまだSWI-CAN+SWI-Xが無い…
posted by kaishi at 00:18| Comment(9) | TrackBack(0) | VW EOS
この記事へのコメント
いやー、すごい仕上がりですね!さすがです!

ところでSWI-CAN+SWI-Xをつけない状態で8個のボタンを押すと何が起こるんでしょうか?何も起こらないんでしょうか?北米仕様ECUでは何も起こらないんですかね?本国仕様では、オーディオは純正じゃないので何も起こらないにしても、MFDは動くはずですよね?
Posted by 永尾 at 2007年08月06日 11:15
もう一つ。この方式はCAN-BUS信号の横取り方式だからSONYのロータリーコマンダー+ALCONと全く干渉しないので、8個のステアリングスイッチ+12個のロータリーコマンダースイッチで計20種類もの赤外線信号を飛ばせることになりますよね。俄然私も興味が湧いてきました。現在使っているロータリーコマンダーの12個のスイッチでも不足気味なので。。。
Bluetoothハンズフリー関係とオーディオボリュームアップダウン、地図の縮尺アップダウン、現在地ボタンくらいをステアリングスイッチで操作できれば、ロータリーコマンダーに地デジ関係やGPSレーダー関係も記憶させることが出来ます。期待しています!kaishiさん!
Posted by 永尾 at 2007年08月06日 11:31
動作についてですが、右側スイッチはMFD操作用のはずなのですが、VAG-COMで事前確認にしたところ、ステアリングECUから信号が出るもののMFDは何の反応もしませんでした。現在は加工済みのスイッチ部をステアリングに実装してありますが、当然ながらMFDは何の反応もしません。
これが北米パサート用ステアリングECUが装着されているせいなのか、それともワイパーレバーにMFD操作スイッチが付いているとステアリングホイール側は自動で無効化される等の機能がついているのかは不明です。

SWI-CAN+SWI-Xは日本製のCANバスアダプターPLUSと違って8つのボタン全てにリモコンコードを学習させることができます。webページのSWI-CANの説明書を見ると、右側4つのボタンに関しては「リモコン学習と操作はできるが、同時にMFDも動作してしまう」そうです。もちろんこれは純正MFSWでの話で、私の手製MFSWは元から何の反応も無いので、リモコン操作だけが有効になる「はず」です。
もっともSWI-CAN+SWI-Xがそもそも動作しない可能性もあります。パサート用ECUと同じ信号が出ていてSWI-CANはパサートにも対応しているので動くとは思うのですがこればかりはやってみない事には判りません。
Posted by kaishi at 2007年08月06日 11:45
永尾さん
永尾さんのDSGパドルがないステアリングでは、そもそもスイッチ部に基板がない可能性が高いと思われます。また、ステアリングホイール本体下部(オーナメント直上)にスイッチ信号をCAN信号に変換する役目をしていると思われるモジュールが組み込まれています。これも恐らく無いのではないでしょうか。さらに以前のエントリで紹介したVWVortexフォーラムの書き込みから想像するに、ステアリング下部にあるECUをMFSW用のものに交換しなければならない気がします。

私の日本独特の「DSGパドルがあるがMFSWスイッチが無い」ステアリングでは、「MFSW機能が全て残っているのにスイッチだけ取った」状態(ECUはなぜか北米パサート用のもの)だったのでスイッチを追加するだけでOKだったのですが。(と言ってもまだSWI-CAN+SWI-Xの動作確認は取れていませんけど)
Posted by kaishi at 2007年08月06日 12:11
kaishiさん仰る通りでした。暇なので今見てきましたら、センターパッド脇のプレートの下はゴムの固まりが接着されていて、そのゴムの凹部にプレートの凸部が嵌るようになっているだけでした。基板も何もありません(T_T)
Posted by 永尾 at 2007年08月06日 14:33
永尾さん
やはりそうでしたか。ノーマルステアリングでは、逆にこのパーツが装着できると思います。
http://www.niken.com.tw/product_small_show.php?lang=2&product_id=467
ステアリングホイールのクロームカバー3点セットで日本でも4,000円前後で売ってます。価格から考えるに大した出来ではなさそうな気もしますし、あまり慰めにはならないかもしれませんが…
Posted by kaishi at 2007年08月06日 15:23
そうなんですよね。でもこれってクロームが光ってるんですよね。ブラッシュドアルミだったら恐らく買ってると思うんですが。あと内装と同じウォールナット木目があれば、昔のクラウンのような和風ゴージャスを味わえるのですが。。。
Posted by 永尾 at 2007年08月06日 15:41
今思いつきました。ロータリーコマンダー+ALCONを2セット装着すれば24種類のコマンドが送信できます(^^;)やけくそです。
Posted by 永尾 at 2007年08月06日 15:43
やけくそついでに、36種乱れ打ちとか・・・

クロームカバーに木目塗装という手も・・・
Posted by Sinna at 2007年08月06日 16:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4920401
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック