2006年03月06日

バッテリ上がり

この1ヶ月ぐらい全くエンジンをかけていなかったら見事にバッテリがあがっていた。

別にスモールがつきっぱなしだったとかそういう訳ではない。
そもそもこのSAABの場合はヘッドランプはキーを抜くと同時に切れるし、その他のランプ類も全てキーを抜いて20分経過すると切れるので、不注意によるバッテリー上がりはまず起こらない。

どうやら冬に放置されて補充電されずにたせいで暗電流により、バッテリーがあがってしまったようだ。

電装品は純正オーディオのカーAVNへの入れ替えとキーレスを入れているのだが、これにより暗電流がどのくらいになっているのか測ったことはなかった。
今度測ってみよう。
posted by kaishi at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | SAAB
この記事へのコメント
お久しぶりです。
私も年末から年明けにかけて1か月近く乗らなかった時があり、バッテリーが上がる寸前になりました(時計とトリップメータがリセットされてたのでわかりました>注 TTRの場合です。)

3年半くらいだったのでバッテリーの寿命というのもあるのでしょうが、最近の車は闇電流も多いのかバッテリーにもきついんでしょうね。キルスイッチでもつけようかと思いますが、そうするとキーレスエントリーとか盗難防止装置も機能停止になりますし、時計やトリップメータもいちいち合わせなければならないめんどくささがありますしね...

TTのバッテリー交換記はここに入れてみました
http://www.vividgarage.com/cgi-bin/WebObjects/f404a01131.woa/wa/read/10915fb724e/
Posted by 金武 at 2006年03月06日 23:15
金さんお久しぶりです。

Boschをいれたのですね。ちょっと興味をもって調べたら面白かったので別エントリを書いてみました。
Posted by kaishi at 2006年03月08日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/436817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック