2010年01月02日

アンゴラフェレット

明けましておめでとうございます。

新年になってもトップ記事が訃報というのもなんなので、アンゴラフェレットの話を。
いまうちにいるヴィオニエはチェコのアンゴラフェレット。長毛のアンゴラフェレットだが日本でアンゴラについて入手できる情報をまとめると大体以下のようなことに。

・通常行われている臭腺除去/避妊去勢手術が行われていない。育ってから獣医さんに手術をお願いする。あるいは大きくなった固体は手術済みのことがある。
・フェレット専門店など、入手できるところは非常に限られる。
・日本で入手できるアンゴラフェレットのファームはほとんどがデンマークの「ファーファーム」だった
・2004年ごろからファーファームはデンマークの法律が変わって続けていくことができなくなった。
・これにより日本ではますますアンゴラフェレットが入手しにくくなった。
・ファーファームが入手できなくなってから、チェコ産のアンゴラが少数出回るようになった。
・ファーファームは中国に移転した。つい最近中国のファーファームからのアンゴラフェレットが日本に入るようになった

ただ、デンマークにあったファームがいきなり中国に移転したというのもちょっと良く判らないし、そもそも「ファーファーム」という名前も「毛皮農場」という意味なので、ファーム名としてはちょっと変なような…
そこで英語のサイトも含めて調べてみたところ、以下のページを発見。
Ferret Universe - Angora Ferret
このページの内容がどこまで信頼できるかは不明だが、要約すると以下のとおりになる。

・アンゴラフェレットを多数産出していたファームはデンマークのSoren Thingaard氏のファームだった。(恐らくこれが日本で言われる「ファーファーム」。このページでは本当のファーム名は出ていない)
・デンマークの法律で6ヶ月以下のフェレットに不要な手術はできなかった。なのでノーマル(未手術)のベビーを出荷するか、6ヶ月まで育ってから手術して出荷するしかなかった。
・米の大手ペットショップから手術済みのベビーアンゴラが欲しいという要請を受けて、Soren氏は2000年に当時法律制限が無かったチェコでもブリーディングを始めた。
・しかし2003年にチェコでもデンマーク同様の法律ができて、手術済みベビーは出荷できなくなった。
・2005年から欧州全体でフェレットの1匹当たりの飼育面積を一定以上確保しなければならない新しい法律が施行されることになった。規定面積がかなり広かったため、Soren氏を含めた欧州のファームのほとんどが、この基準を満たせない法律だった。
・新法に対応できるようファームを拡張する余地が無かったため、Soren氏はデンマーク国外を含めて移転先を探したが、結局施行までに移転先を見つけることができなかった。
・結局彼はファームの規模を縮小して面積を確保することになり、これにより多数のアンゴラを出荷することはできなくなった。
・2005,2006年にSoren氏は自分のアンゴラフェレットを中国の「珊瑚礁ペットパーク」に送り、そこでアンゴラフェレットの産出を続けることになった。

以上をまとめると、結局「ファーファーム」も「チェコ」も実はSoren氏のアンゴラフェレットという点では同じファームであると言えるような気がする。もし「育てている場所が違うから違うファームだ」ということであれば、中国のファームもファーファームが移転したということではなく「珊瑚礁ファーム」という別ファームだ、ということになるだろう(デンマークには元の「ファーファーム」も残っているし)。この辺りはフェレットのファームというのがどういう定義か私には良く判らないため、なんとも言えない。ただ、血統的に日本に入っているアンゴラは結局同じような血筋から来ているのは確かなようだ。(あくまで元のページの情報が正しいとしての話だが)

【追記】
「ファーファーム」は"FerPharm"というスペルで、以前あったサイトは http://www.ferpharm.dk/ だった(現在このURLは中国「珊瑚礁ペットパーク」の http://www.angora.com.cn/ にリダイレクトされる)。 Internet Archiveで2003年頃のサイトを確認すると、やはりSoren氏のファームで間違いない。
"Fer Pharm"という単語はデンマーク語でも英語でも他の欧州言語でも、意味が合う言語が無い。スペルから見ると"ファー"は毛皮ではなく、多分"Ferret"のスペルから取ったのではないだろうか。日本語で言えば"フェレ農場"みたいなイメージではないかと思う。
posted by kaishi at 10:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
アンゴラフェレット飼われるのですか。
顔がすごく可愛いですね。
Posted by tompapa at 2010年01月05日 21:13
tompapaさん、今年もよろしくお願いします。
今いるのはチェコ アンゴラのヴィオニエ1匹なのですが、もう1匹アンゴラをお迎えしようか考え中です。
Posted by kaishi at 2010年01月06日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34514203
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック