2009年05月23日

デジタルアンプを試す

最近、車載用のデジタルアンプを作って、昨年作った真空管アンプキットと比較したりしたら、ちょっと自宅用のデジタルアンプも欲しくなってしまった。
カマデンのキットでも作ろうかと、まずはトライパスのデジタルアンプICを調べていたら、トライパスのTA2024を使ったデジタルアンプの完成品がオークションで安く出ていることを知った。ネットの評判を見ると値段の割には音は良いらしい。4,000円でケースに入っているとなると、自作してもまずこの価格では作れないので、手っ取り早くこれを購入する事に。

落札価格に別売りのACアダプタを付けて送料を入れると約6,000円ほど。ブツは国際書留で中国から直送されてきた。それがこのTOPPING TP10-Mark3。
tp10mk3.jpg

いきなり電源のスナップスイッチが壊れていたのはさすが中国製(笑)。同じ寸法のスイッチが手持ちの電子パーツにあったし、返品して送り直してもらうのも面倒だったのでさくっと自分で交換。

早速車用に作ったストロベリー・リナックスのMAX9704デジタルアンプと比較。さすがにデジタルアンプ同士だとあまり差はない。ただトライパスTA2024のTP10-Mark3の方が何かザラついた感じがする。これはひょっとしてスイッチング電源のACアダプタのせいかも、と思い電源を自作安定化電源に変えてみたらザラつきが消えた。やはり電源は大事なのね…

同じ安定化電源を使って比較するとMAX9704の方が透明感があるが少し線が細い感じの音、TA2024の方が音が太くてしっかりしているがちょっと透明感が薄い感じになる。聴いている小型バックロードホーンスピーカーとの相性もあるだろうが、個人的にはMAX9704の方が好み。ただ差はそれほど大きい訳ではなく、両方とも基本的に解像感が高いすっきりした音。これがデジタルアンプの特徴なのだろう。
posted by kaishi at 22:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
何かあってもすぐに自分で原因究明&解決されるのでスゴイですね。

買える値段ではないのですが、Digicore808というデジタルアンプ兼プロセッサ兼WAVソースプレーヤーがありまして、22W×8のデジタルアンプなのですが、22Wとは思えない駆動力とデジタルとは思えない音質で、今までデジタルを避けていたマニアの間でも評判のようです。主要メーカーからもデジタルアンプが多く出てきていますので(デジタルの割には躯体が大きいのは?ですが)、これからはデジタル主流になってくるのでしょうか。デジタルとアナログの増幅方式お違いさえ良くわかっていないのですが(笑)
Posted by 永尾 at 2009年05月24日 08:52
たまたまスイッチは余ってましたし、電源についても手元にあったので試してみたら当たってただけです(^^;)。
一応ACアダプタに自分で作ったノイズフィルターという組み合わせも試したのですが、これは全く音が変わりませんでした(笑)。

ちょっと調べましたがDigicore808はカーオーディオ用製品なのですね。ソニックデザインだと自力でのデジタルアンプICは作れないと思うので、どこかのICチップを使っていると思うのですが、どこの会社のチップなのかが気になります(笑)。
Posted by ka_ishi at 2009年05月24日 20:47
自分のblogにも書きましたが、今日ケーズデンキのミニコンポコーナーをウロウロしていました。売られている殆ど全ての製品がデジタルアンプでした。もう既にデジタルアンプが主流だったんですね。
Posted by 永尾 at 2009年05月24日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29330032
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック