2009年02月11日

大型二輪教習 12限目

本日は最終時限、卒業検定が受けられるかの「見きわめ」。

ちょと事前に凹む出来事があって気分的にはイマイチの状態で最終時限開始。見きわめは2コースある検定コースを乗降も含めて交互に完全に回り続ける事で行う。コースは両方とも頭の中に入っているはずなのだが、ぐるぐる何回も回っている内に一体自分がいまどちらのコースのどの部分を走っているのか判らなくなりそうになる。混乱してウィンカーを出すのが遅れてしまったら、ちょうどその時教官が後ろで見ていて「もっと早く合図出しましょう」と怒られた(笑)。
技能部分では坂道発進と急制動はまず問題ないと思うが、他の箇所はちょっと怪しい。一本橋で落ちるとか、クランクやスラロームでコーンに触れたら即検定終了である。さすがに見きわめ教習の今はそういう事はないが、検定で緊張している状態を想像すると全く通過できる自信が無いのが我ながら情けない。波状路もコースオフはしないものの、相変わらず自分でバランスが後ろ寄りなのが判る始末。

教習終了後の教官の講評は「検定がんばってください。早めに着いて心に余裕を持てば大丈夫だと思いますよー」。
見きわめ通っちゃったか… 自主練でもう1時間やろうかと思ったが、検定の雰囲気を体験しておくのも良いかと思い受付で検定の予約をする。え? 検定料金って1回が技能教習3回分の料金なの!? (この教習所は時間毎に代金を払う。最初のパンフに総計と何が幾らかは書いてあったのだが、後で表を貰えるだろうと捨ててしまったらそのような表は貰えなかった)
うーん、自主練した方が良かったかな… 取りあえず卒検体験するか。(←受かる気持ち全く無し)
posted by kaishi at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
>早めに着いて心に余裕を持てば大丈夫だと思いますよー
コレが一番大切なようにワタシも思います。コースをシュミレーションして検定に臨んでください。
吉報待ってます〜♪
Posted by 赤BORA at 2009年02月13日 22:51
ありがとうございます。エントリには「受かる気がしない」と書きましたが、もちろん受けるからには合格したいですのでがんばります。再試験だとお金もかかりますし(笑)。
Posted by kaishi at 2009年02月14日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26663490
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック