2009年01月24日

大型二輪教習 6,7限目

結局昼間のキャンセルが出なかったので夜間に二時限連続での教習。でもハクキンカイロをハクキンベルトで体に巻き付けているとあまり寒さを感じずにバイクに乗れる。これは冬のバイク乗りには必須ではないかと。

6限目は第二段階の初めての教習。前回の最後にコース図を貰い、それを覚えてくるように言われていたので、コース上にぐるぐる書いてある矢印をコマ図にして覚えておいた。 で、今回はそのコース図通り走る練習。コース上には一本橋やスラロームもあるが具体的技能を見るのではなくコース全体で法規遵守走行をできるか、というのがこの時限の課題。30m前にウィンカー、左寄り走行、右折前の中央寄せ時の後方確認などという奴だ。コースは一応覚えたはずなのだが、走り出すと「あれ?次右折だっけ?」と判らなくなりかける事がしばしば。で、曲がる方向が判ってなければ準備ができるはずもなく最初の2周ぐらいはボロボロ。後半になってようやく課題をこなせるようになってきた。走っている途中でブレーキング時にフロントブレーキのかけ方が甘い事を指摘されたのでそれも直しながらさらに2周ほどした所で終了。うーん、あんまり上手くできた気がしない…

7限目(第二段階2限)は急制動。40km/hまで加速してフルブレーキで規定内で安全に停止できればOK。エンストはしても構わない(減点は0)。で、なぜかこれは自分でも驚いたぐらい上手くいった。3回目ぐらいからはエンストもせずに安定して止まれるようになり、教官からも「いやあ、安定した急制動で安心して見てられますね」と珍しくお褒めの言葉を頂いた。

次回(明日)は緊急回避の練習らしい。
posted by kaishi at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25874213
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック