2009年01月10日

大型二輪教習 1限目

本日は大型二輪教習の初日。

自動車学校に行くと申し込みに行ったときの4倍ぐらいの混み方。年齢層はさすがに20歳前後ぐらいの若者ばかり。
教習コースに行くと二輪のインストラクターだけでも10人ぐらいはいる。女性の二輪インストラクターも2人ほどいた。
教習が始まってみると一緒に初回教習を受ける人間は4人で、大型二輪となるとさすがに平均年齢30歳ぐらいな感じ。これを2人のインストラクターが教える。

1限目は乗車降車のやり方、コースの外側を周回して加減速、ギアチェンジ、乗車姿勢などの基本の確認。マニュアルのオートバイをまともに乗ったのは10年以上前なのでどうなるかと思ったがとりあえずこのレベルはなんとかなった。
が、最後に次の時限の予習という事で一本橋とスラロームを5分ほどやったところ、これがかなりひどい事に。
一本橋はあまり問題ないのだがスラロームが全く駄目。アクセルワークとブレーキによるリズムが全く付けられず、単に倒し込んで抜けるだけ。

これは先が思いやられそうな予感… まあ焦って取る必要はないのでじっくり取り組もう。
posted by kaishi at 22:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
がんばってますね〜
バイクは基本的にアクセルオンで加速すると立ちますので、その特性を利用するのが重要です。
・・・と理屈がわかっていても実際にやるのは難しいですよね。
焦らずじっくりですね(^_-)-☆
Posted by 赤BORA at 2009年01月11日 03:23
そうなんですよ。頭では判ってるんです。
次の時限の予習なので、教官からは「一本橋は1速で、スラロームは2速で」という指示しかなかったんですが、「ああ、アクセルワークとフットブレーキでリズムを付けるんだよな」というのは自分で思い出しました。が、実際には全くできませんでした。
ここはかなり練習しないとダメですね。
Posted by kaishi at 2009年01月11日 10:43
>「一本橋は1速で、スラロームは2速で」
一本橋はスピードが出ない1速、スラロームはトルク変動の少ない2速という意味です。
一本橋を2速以上で行くとラクですが規定の通過時間前に一本橋のゴールを迎えてしまいます。
スラロームを1速で行くとアクセルのオンオフでのトルクの出方が急でコントロールしづらいので2速を使います。2速なら結構ラフにアクセルを扱っても飛び出したりしません。
Posted by 赤BORA at 2009年01月11日 21:08
はい、理論は全部判ってます(^_-)。
単に体が付いてきてないだけです(笑)。
Posted by kaishi at 2009年01月12日 00:21
私も大型二輪を取ったのは、最近で3年少し前です。kaishiさんのご苦労が分かります。
頭と体がなかなかつながらないというか、「できるはずなのに」できないというか。
特に私の場合は中型バイクで毎日通勤していたので、ジレンマがすごかったです。
練習あるのみですね。
Posted by tompapa at 2009年01月12日 07:15
昨日は2時間続けて練習しましたが、お陰で大夫マシになってきました。と同時に完全に体がついてこない部分が多々ある事もばれてきました(笑)。
でも、久しぶりに「練習して上達する」感覚が味わえるのは楽しいです。免許を取ること自体は全く焦っていないのですが、楽しいので早く次の予約を取りたい、という気分です。
Posted by kaishi at 2009年01月13日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25381966
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック