2008年09月21日

フェレットカメラ

Windows Home Serverで自宅のファイルやPCにアクセスできるようになったので、今度はWebカメラも始めてみることにした。
目的は留守中にフェレットの様子を外から見られるようにすること。

最初はWindows Home ServerにPCカメラをつないでソフトウェアで配信しようかと考えたが、非力なAtomサーバーに動画配信をさせるのは負荷が重そうなので単体で配信できるネットワークカメラを別途用意することに。

単体でネットワーク配信ができるカメラとしてはPLANEXコレガパナソニックのものがある。目的はケージ内のフェレットを見ることなので外からパンやチルトができる高機能カメラは必要ない。そうするとPLANEXのCS-W04GやコレガのCG-NCM4などが候補になるのだが、今回は秋月電子のWebカメラキット 9060AKを選んだ。
価格を考えればちょっと足すだけでケース付の立派な製品が購入できるのだが、小さいCMOSカメラ部分が独立しているのでケージに取り付ける自由度が高そう、ということであえてキットを選んだ。キットと言ってもこの製品は基板完成済でACアダプタも付属しており、やることはケースに入れるだけである。

購入した製品を確認するとさらに嬉しい誤算が。
WebサイトのQ&Aには「CMOSカメラ部分にLEDはついていません」とあるのだが、届いたロットでは照明に使える白色LEDがついており、しかもリモートでON/OFFできるようになっていた。
実は照明については構想時から悩んでいて、夜間の留守中は真っ暗なので恐らくカメラには何も映らない。かといって電気をつけっ放しにしておくのは電気代にもフェレットの体調にも良くない。別途リモート照明コントロールができるネットワーク装置でも作ろうかと考えていた。このキットを選んだお陰でこの悩みが一挙に解決してしまった。(コレガの製品には赤外線LEDがついているがON/OFFできないし、赤外線なので暗闇ではほとんど色が判らなくなる)

後はケースに入れるだけ。特に小型のCMOSカメラをケージに取り付けられるような良いケースがあるだろうか、ということでまずは100円ショップにでかけてみる。と、すばらしい物を発見。
9060ak0.jpg

アクリル製の名札。サイズはぴったりだしケージに簡単につけ外しできるクリップは付いているしと言うことなし。本体基板にもちょうど良い大きさのプラケースが見つかった。

名札は前後に割って前部にレンズとLED用の穴を開ける。クリップが付いた後部はホットボンドでカメラ基板に接着。
本体基板もケースにコネクタを通す穴を開けて収納して完成。
9060ak1.jpg

ケージには針金を曲げてマウントを作り、カメラのクリップをはさんで角度を調整すればフェレットカメラの出来上がり。
9060ak2.jpg

早速LANで試してみるがVGAで監視用途には画質も充分。左側のパネルでサイズ変更や照明LEDのON/OFF、さらには音声を聞くこともできる(フェレットはまず鳴かないが)。
9060ak3.gif

もし我が家のフェレットが見てみたいという方はメールでご連絡ください。
(ほとんど寝てるだけなので面白くはないと思いますけど^^;)
アクセスURLとゲスト用のID/Passwordをお知らせします。

動画を見るにはActiveXを使用します。そのためブラウザはIEのみ対応となります。
またゲストIDでは制御パネルでの画質変更、LEDや音声のON/OFFはできませんのでご注意ください。
画質変更ができない関係で低速回線では見られない可能性があります。アクセスはブロードバンド環境下で行ってください。
posted by kaishi at 01:31| Comment(5) | TrackBack(0) | computer
この記事へのコメント
フェレットちゃんを見たいのでアクセスURLとゲスト用のID/Passwordを教えて下さ〜い。映っているハンモックって常設なんですか?
Posted by 永尾 at 2008年09月21日 09:25
アクセス情報はメールいたしました。

ハンモックは常設です。ベッドルームですね。 って彼らはケージ内では、ほぼずっと寝てますけど(^^;)。
Posted by kaishi at 2008年09月21日 10:29
固定IPじゃないとは思うんですが、自宅のIPアドレスの解決はどういう仕組みなんですか?
ソニーのlocationfreeはソニーが独自のサーバーで管理してくれる方式でしたが、MSも同様でしょうか?
Posted by kiki at 2008年09月21日 21:39
動的IPに対するドメインネーム管理はダイナミックDNSで行われています。
詳細はwikipediaの「ダイナミックドメインネームシステム」をご覧ください。
Windows Home Serverの場合はWindowsシステムですのでRFC2136ベースで実現されていると思います。
Posted by kaishi at 2008年09月22日 03:22
kaishiさん、ありがとうございました。

Posted by kiki at 2008年09月22日 06:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19758077
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック