2008年08月17日

TID Styling アルミ パドルシフター ブラック

Webを巡回していたらカーボンパドルシフターというものを発見。
見つけたのはリンク先のG-FUNKTIONだが日本ではH-SPORTが最初に扱い始めたらしい。

以前からC/A Sportのレーシングパドルシフターというものは知っていたのだが、これはパドルシフト上部に被せてしまうので本来のイルミネーションが隠れて見えなくなってしまう。
それに対してこちらは裏から両面テープで貼るタイプなのでイルミネーションも隠れない。パドルも上下に大きいので良い悪いはともかく操作感も相当に変わるはず。

カーボンデザインは好みとしては自分の車のインテリアには合わないしパスだなと思っていた。が、メーカーであるTID Stylingのサイトを見るとカーボンではないアルミブラックとシルバーのバージョンが載っていた。写真で見る限りこちらはかなり気に入ったので購入してみることに。メーカーサイトからはオーストラリアのrennenhausというショップにジャンプするようになっている。現在アルミバージョンはどうやらこのショップのみで買えるらしい。

金曜日夕方に購入手続きをしたところ週末を挟み月曜午前中にはメールで追跡番号と共に発送連絡が来た。ショップの対応はかなり素早いのだが、その後オーストラリア郵便公社サイトで番号追跡をしてもずっと「情報無し」。だが金曜夜に日本郵便の追跡サイトに国内到着の情報が載り日曜日午前に受け取ることができた。到着後もオーストラリアのサイトでは情報無しで追跡不能、結局ダメなのはオーストラリア郵便公社であることが判った(笑)。

購入したのはブラックバージョンのパドルシフターで装着前の写真は以下の通り。本体の他には両面テープとTIDのメタルプレートが2つ付いていた。
tidpaddle0.jpgtidpaddle1.jpg

装着は接着面を脱脂した後に両面テープで貼り付けるだけ。両面テープは普通のテープタイプなので自分で形を合わせて接着面に平行に並べて貼る必要がある。パドルシフター側に貼ってからステアリングに取り付ける方が作業がやりやすいようだ。

両面テープなので強度が若干心配だったが、貼り付けた直後の感じでは強度的には全く不安はない。操作感だがパドルシフターの厚みがかなりあるのでノーマルの状態とは相当に変わる。まだ実際にドライブして操作していないが、上下に大きくなったこともあり以前は9時3時の位置でないと押しにくかったのが10時2時の位置でも簡単に押せるようになった。ただ元々のパドルスイッチの支点の関係か下側の8時4時の位置は内周部を引いてもボタンを押せず意識的に外周部を引く必要がある(上側は特に意識する必要なし)。
tidpaddle2.jpgtidpaddle3.jpgtidpaddle4.jpg

両面テープでの固定も問題なく、モノとしての仕上がりも良い。個人的にはアクセサリ性7割 実用性3割という感じなのでデザインが気に入れば購入しても面白いと思う。特にカーボンではないアルミ製は現時点では日本のショップでは扱ってないのでレア度も高いかと。
posted by kaishi at 14:28| Comment(3) | TrackBack(0) | VW EOS
この記事へのコメント
おー!大きいですね。
確かに標準のパドルは小さすぎるので良いかも知れませんね。2.0Tの方ならシルバーも面白いですね。
Posted by 永尾 at 2008年08月17日 14:52
まだドライブしていませんが、ちょっとずぼらなステアリングの持ち方をしてもパドル操作ができそうなので悪くないと思います。

TID Stylingのメーカーサイトを見るとUSカップホルダーに取り付けるアルミカップホルダーも準備中のようで、チタンブラックの内装ならアルミシルバーのパドルシフターと一緒に組み合わせるとなかなかお洒落で良さそうです。私はEUROカップホルダーに交換してしまったので関係ないですが(^^;)。
Posted by kaishi at 2008年08月17日 15:59
これ、EosよりもむしろJettaに装着したいですね。EosはRevoの効果なのか、ほぼ常に適切なギア選択をしてくれるのですが、JettaだとどうしてもAutoモードはローギアを選択する傾向があり、パドルでシフトすると2つ上のギアが入ったりすることもよくあります。なので高速道路を走行中などでJettaをある程度の距離運転するとき、なるべく高いギアを選択しようとするとパドルの操作が結構忙しくなります。その際にパドルシフターが純正のものより大きければそれに越したことはありません。試しに買ってJettaに付けてみましょうかね。
Posted by excelsior at 2008年08月17日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18070517
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック