2008年07月06日

バッ直とスピーカーケーブル交換 1日目

今週末は別の予定が入っていてスピーカーケーブル交換はできないはずだったのだが、午後が丸々空いたのでバッ直とスピーカー交換の作業を開始。お昼12時ちょっと前から始めたのだが…
結論。全然終わらなかった。

まずはバッテリー直結のためにV6ではトランクルーム内にあるバッテリから室内へケーブルを通す。ここでひとつ発見。
以前からsmartTOP取り付けの際にトランクルームトリム内リアシート裏側に変なビニール袋があるのが気になっていた。2.0TにもV6にもある。
spcableday1a.jpg
これは中にスポンジが入っており、トランクルームと室内を通るサービスホールを塞ぐれっきとしたパーツだった。
左右両側に室内からトランクへとケーブルが通っているかなり大きなサービスホールがあるのだが、ケーブルを通したその余白にこのスポンジ入りのビニール袋を押し込んで塞いでいる。恐らくは防音等の目的であろう。
バックカメラ等を後付した場合、業者によってはきちんとサービスホールに押し込まずにその手前に適当に詰めてある場合があるので要注意。(私の左側がそうだった)

このサービスホールにケーブルを後から通す場合はリアのサイドトリムをはずした後にリアシート座面下にある下の写真のネジを外すと、リアシートの背もたれをかなり浮かすことができ、非常にケーブルを通しやすくなる。
spcableday1b.jpg

リアスピーカーの配線を引きなおしたら、サイドシルのパネルを外し、バッテリーケーブルと共にリアスピーカーケーブルをインパネ下までもってくる。

その後、ドアトリムを外してフロントドアの配線を引きなおしにかかる。まずはミッドバスを外してドアパネル内部にアクセスし、ゴムブーツにスピーカーケーブルを通す。しかしここにきてゴムブーツのドアパネル側にも隔壁があることを発見。ゴムブーツ車体側はカプラが隔壁になっており、そちらはカプラを車体内に落とし込めば良いだろうと当たりをつけていたのだが、ドアパネル側も隔壁になっているとは思っていなかった。
結局ドアパネル内部側からひっぱるとゴムブーツが外せることが判った。ドアパネルの穴を通すときにゴムブーツを破らないように注意してゴムブーツとカプラコネクタをドアパネル内に引き込む。さらにドアパネル内のケーブルクリップをひとつ外せばミッドバスの穴からゴムブーツを外に出せる。それが以下の写真。
spcableday1c.jpg
写真の通り、ゴムブーツの隔壁からはホースが出ていてケーブルはそこを通っており、ケーブルとホースはテープで巻かれている。さらにサイドウィンドウを避けるためケーブルは垂直に曲げられている。

まずは写真内の結束バンドを切ってケーブルを真っ直ぐにする。続いて巻かれているテープを切ってホース先端部を出したらスピーカーケーブルを既存のケーブルに沿ってホースに押し込んでいく(ドアパネル側の配線の引き回しは押し込む前に完了しておく)。ケーブルがヘッドユニットまで配線しても届くぐらい押し込んだら、自己融着テープでホースとケーブルを巻きなおし、最後に元通りに垂直にまげて結束バンドで止める。
スピーカーケーブルをドアヒンジを通してヘッドユニットまで配線し、ゴムブーツを元のようにドアパネル内からドアヒンジに戻して車体側に落とし込んだカプラを車体内で接続したら、ゴムブーツを車体側にはめ込んで出来上がり。

書くと単純だが、お昼ちょうどから始めて暗くなるまでにできたのは、
・直結用バッテリーケーブルのプラスマイナス両側を室内に車体左右から引き込む
・バッテリーケーブルマイナス側(車体右側)をヘッドユニットまでもってくる
・リア右スピーカーの配線を完了してヘッドユニットまでもってくる
・右ドアパネルからスピーカーケーブルをヘッドユニットまでもってくる。ドアパネル内のスピーカー配線は未着手。
と、これだけ。
要は右側リアとサイドシル、右側ダッシュボード下は終わったが、右ドアトリムはまた開けなければいけないし、左側はトランクからの引き込みだけは終わったものの後は全くの未着手状態。

色々試行錯誤があったとはいうものの、全て終えるには朝から晩まであと丸一日はかかりそうだ。
posted by kaishi at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | VW EOS
この記事へのコメント
いやー大変そうですね(^^;)怖じ気づきました(笑)
kaishiさんでもこんなに時間が掛かるということは、私の場合2倍は優に掛かるので、スピーカー1個に1日掛けて全行程4日(作業日程を考慮すると丸1ヶ月)をみたいと思います。
Posted by 永尾 at 2008年07月07日 09:24
ゴムブーツに隔壁がもう一個あったのが盲点だったのですが、その他にも
・トランクから車内へケーブルを通す方法を試行錯誤していた。
・リアスピーカーケーブルの端子付けの数が多くて地味に時間がかかった。
・インナーバッフルのケーブル引き込み溝を広げないとケーブルが太すぎて通らなかった。
・ドアヒンジのコネクタを落とし込んで車体内で再接続するのはほとんど手探り状態で結構大変だった。
などなど作業してみると色々時間がかかる所が多かったです。
昨日は暑くて2時間に20分は休憩しないと体が持たなかったというのもあります(^^;)。
Posted by kaishi at 2008年07月07日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16694827
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック