2008年06月12日

TU-884CD作成 1日目

今日からおもちゃの作り始め。まずは真空管CDプレイヤーから。

最初にハンダ付け道具の紹介。ハンダ付けに必要な工具はハンダごて、ニッパー、ラジオペンチの3種類。
solderenv.jpg

ハンダごてはHAKKO PRESTOを使っている。基本は20Wだがスイッチを押すと短時間だけ130Wのこてとして使用できるので大型の金属をハンダ付けで接合するのに使える。電子部品のハンダ付けだけなら130Wは無用だし、15W位のハンダごての方が使いやすいと思うのであまり参考にしない方が良いかも。

その他にコテ台とクリーナーは最低必要。大抵一体になっている。使っているのは500円ぐらいの安物だがもう少し土台に重量があるものの方が台が安定していて使いやすいと思う。値段もそれ程上がらないし。

そして基板を押さえているクリップ付の台がヘルパー。これはハンダ付け初歩講座みたいなページでもあまり紹介されないが、あるとかなり便利。通常ハンダごてを利手に、ハンダ自体を逆の手に持ってハンダ付けするのだが、そうなると対象を支える手が足りなくなる。基板にハンダ付けするのであれば単に机上に置くだけでもあまり問題が無いが、それでもヘルパーでしっかり固定するとかなりハンダ付けがやりやすい。また配線同士を空中でハンダ付けしてつなぐときはこれがあると無いとでは大違いになる。ピンからキリまであるが写真のものは500円ぐらいの超安物。それでも充分役に立つ。

今日はパーツの確認から始めて実作業時間2時間ほどでメイン基板の半分ぐらいのハンダ付けが終了。
tu884cdday1.jpg
やっぱり作るのは楽しい。
posted by kaishi at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | VW EOS
この記事へのコメント
今日はオフ会前日なので寝不足にならないようにお願いします(笑)
Posted by 永尾 at 2008年06月13日 08:46
結局1時間半ほど作りましたが、もう寝ます(笑)。
Posted by kaishi at 2008年06月13日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15961153
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック